前のページ
一覧へ
次のページ

    

2020年11月23日 13:01

秋から冬へ

NailAtelier U* 羽深です。

久しぶりにブログを書いてみようと、なんだかやる気になっております。
文章を書くのが嫌いではないので、マイペースになりますが備忘録として何か綴っていければと思っています。
(亀の歩みのような、スローペースな更新になるかもしれません 笑)

さて、上越も冬の気配を感じることが増えてきましたが、11月は比較的暖かい日が多いような気がします。
といいつつも、やはり冷え込む日もあったりで。
お客様も羽織りをお召しになる方が少しずつ増えて、あぁ私も眠っているコートやニット達を引っ張り出さねば…と、重い腰をあげようとしているところです。

徐々に妙高山付近も少し白くなってきて、今年も長い冬がやってくるんだな〜としみじみ。
寒暖差があったせいか、今年の紅葉は色鮮やかでしたね♪
最近になってはじめて訪れたのですが、国府もみじ園の木々の美しさといったら!
自然の物なのに、なんでこんなに赤くなるのかな〜?なんて、ぶつぶつと呟きながらカメラを向けてみました。
個人の方が造園されたとのことですが、それはそれは、もう立派。
階段はもちろんベンチなどもあり、きちんと整備されているので、ゆっくり上越の景色を眺め下ろすことができますよ。
自分の住む街が結構大きいんだなぁ、と改めて感じさせられました。
(高層ビルはないけれど 笑)

季節の移ろいを楽しめるのも、日本の素晴らしさですね。
特に、新潟・上越は春の桜、夏の日本海と日照り、秋の紅葉や黄金色の稲穂、冬の積雪など、1年を通して四季を肌と空気感で感じることが出来ます。
そんな季節感を、ネイルアートで表現できるのが本当に楽しいし嬉しいですね♪

あっという間に2020年の師走を迎える頃になってしまいましたが、特に今年は、お声掛けいただき参加したクラウドファンディング「ネイリストが考える工芸職人応援プロジェクト」を通じて、たくさんの素材を触らせていただいた「伝統工芸ネイル」が、印象深いです。
下画像のお客様ネイルは、その伝統工芸ネイルの素材を使用したアートです。
まるで紅葉色のように鮮やか!

伝統工芸ネイルの素材については、また次の記事でご紹介していきたいと思います♪



NailAtelier U* 羽深


前のページ
記事はありません
一覧へ
次のページ
記事はありません
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)